×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ひたち海浜公園とは

ひたち海浜公園は茨城県ひたちなか市にある国土交通省関東地方整備局が管理する国営の海浜公園です。ひたち海浜公園は数多くの貴重な自然がそのままの形で残っていて、小さな遊園地と広大な公園が一つになったような場所で家族で楽しむことが出来ます。ひたち海浜公園は大きく4つのエリアに分かれていて、いろいろなアトラクションも設置されています。4つのエリアは■「西口エリア」四季の彩り鮮やかな花々が堪能できる■「草原エリア」体を動かし楽しめる■「砂丘エリア」文化・歴史・自然を感じることができる■「プレジャ≠ナきますし、スイセンガーデンなどは250品種にもおよぶ様々な特徴ある水仙が観察できます。ひたち海浜公園のネモフィラや、水仙は必見でしょう。

ひたち海浜公園 夏のイベント

ひたち海浜公園で毎年8月に開催されているROCK IN JAPAN FESTIVAL(ロック・イン・ジャパン・フェスティヴァル) という大イベントがあります。このイベントは日本人アーティストだけで行われ2000年から開催されることになりました。 面積は東京ディズニーランドの約4倍の面積にあたる「ひたち海浜公園」で行われるこのイベントは日本の野外ロック・フェスティバルとしてビッグイベントの1つです。ステージの規模によって「GRASS STAGE」「LAKE STAGE」「SOUND OF FOREST」「WING TENT」があり観客は自分の好きなアーティストを自分の好きな時間に自由に選択して見ることができます。会場となる「ひたち海浜公園」は名前のとうり海が近いですから少しでも天気が悪いと、海の方からかなりの風が吹いてきます。実際に1回目の年は、ライヴが途中で中止になりました。ひたち海浜公園付近の天気予報のチェックはして下さい。また、ひたち海浜公園は少し行くのに迷うかもしれませんので地図もあると便利かもしれません。

ひたち海浜公園 ネモフィラなど

ひたち海浜公園のテーマは「海と空と緑が友達 爽やか健康体験」です。ひたち海浜公園はネモフィラ、水仙、菜の花、チューリップ、コスモスなど一年中さまざまな花が咲くので季節を変えて行ってみたいですね。テーマののよう家族や友達と花々に癒されて、その中を歩くことで健康体験ができます。ひたち海浜公園に季節を変えて行くと植物が育っていく様子で季節を感じることもできます。きれいな青色に癒されるネモフィラや、大きな観覧車から見る菜の花などひたち海浜公園では人気があります。水遊びの広場の「噴水の広場」や「水のトンネル」では、夏場には子供が濡れながら遊ぶことができる場所もあり、ひたち海浜公園では子供たちも外で元気に遊ぶこともできます。ひたち海浜公園の入園料は大人400円、子供80円で歳未満は無料です。また年間パスポートもあり大人4000円、子供800円 です。

Copyright © 2008 ひたち海浜公園 ネモフィラや水仙など